【家の売りたい人は知らないと損!】 ヤフーとソニーグループの共同運営の一括査定サイトを使ったら… びっくりする金額に!

PR:おうちダイレクト

家の売却でこんなお悩みはありませんか?

・住宅ローンがキツイので家を売却したい
・子どもの進学をきっかけに家を住み替えたい
・離婚で財産分与でもめないように不動産を売却したい
・住まない実家を高値で売りたい
・転勤をきっかけに元々住んでいる家を売りたくなった

など、色々な理由で家の売却を検討したことがある方は多いと思います。

ですが、家の売却時に”あること”を知らないと数百万損するかもしれないとご存知ですか?

この方法を知らないと大損する可能性があるので、是非参考にしてください。

家を高く売るのに知らないと大損することって!?

それは、業者によって査定額が1000万以上も変わることがあるということ。

実は、不動産によって得意な物件(戸建て・マンション)や土地に得意・不得意があります。

だから、同じ物件でも業者によって査定額が大きく変わることがあるんです。

そのため、不動産の査定は複数業者から見積りを取らないと大損する可能性が高いんです!

でも、1件1件業者を回るのは時間もかかるし、書類の準備も大変だし、
そもそも自分が売りたい物件がどの業者が得意か分からないですよね…?

自力で見積もりは大変

でも、私は「無料で簡単に不動産の最高額を知れる」便利なサービスのおかげで、査定額が大きく上がったんです!

それが「おうちダイレクト」という不動産査定サイトです。

おうちダイレクトはあの有名なヤフーとソニーグループが共同運営する無料の一括査定サービス!簡単な質問に答えるだけでAIが膨大なデータからその場で査定価格を出してくれるんです!だから無料で査定価格をすぐに知ることができます

だから、高額査定がすぐに見つかるんです!

不動産一括査定のサービスには怪しいサイトもありますが、おうちダイレクトなら

おうちダイレクトがオススメの理由
・ヤフーとソニーグループによる共同運営で個人情報も安心

・業界初のAI査定ですぐに査定価格が分かる

・利用は完全無料!査定しても必ず売らなくてもOK

まずは相場を知りたい方も自宅にいながら査定できるので簡単で安心なんです!

実際におうちダイレクトを利用した人たちの口コミ

新しい家を建てる資金の足しになりました。

売却額563万円UP!

子どもが成長したことで、家が手狭になってもっと広い家を持ちたいと思い売却を検討。

売却価格を安くされないか心配していたときに、一括見積りをするのが良いことを友人に教えてもらい、 上場企業でCMもやっているので信頼できそうだったリビンマッチを試しました。

簡単な情報を入力するだけで家の最高値の売却相場がすぐに分かったので、 購入資金に余裕が持てたのは嬉しかったです。

 

ローンが返済できました

生活するには広くローン払いがきつくなったので売却を考えました。

売却額が思った以上に高くできたので、ローンから解放されて解放された気分になりました。

生活資金にも余裕ができて、将来設計を立てられるようになったのが嬉しかったです。

 

使わない実家を売却できました

両親とも施設に入り、譲り受けた家ですが住まないし古くなっていて、ムダな維持費がかかってしまうのでどうにかしたいと思っていました。

売却できるか不安でしたが、リビンマッチを使って土地に強い業者が見つかり、親の介護費に充てることができてよかったです。

不動産は今が売り時と言われています。

家を安く売却して損をすることがないように、売却価格を高くするにはおうちダイレクトを使わないと損なんです。

高く売却できれば、

・両親の老後費用にあてる
・住宅ローンから解放される
・住み替え時の頭金や資金が増える
・固定資産税などの維持費がなくなり身軽になれる
・家族で旅行など好きなお金の使い方ができる
・財産分与や相続など問題から解放される

など、嬉しいことがたくさんあります。

家の売却を少しでも考えているなら、後々「今よりも相場が下がって損してしまった…」

なんてことがないように、おうちダイレクトで無料で家の相場を査定依頼致しましょう。

60秒で簡単一括査定

追伸:売却を少しでも考えたら、早めの行動がオススメの理由って?

少しでも家の売却を検討しているなら、早めに査定を取ることをオススメします。

実はここ数年、不動産価格は上昇して過去の最高査定額を更新している事例も出てきます。

※出典元:国土交通省
https://www.mlit.go.jp/common/001350281.pdf

外出自粛やリモートワークの影響から住み方や住んでいる家への不満から中古住宅の需要が増加し、在庫が少なくなっていることも関係しています。

不動産の相場が高まる要因がいくつも重なった、まさに近年稀に見る「不動産バブル」なんです。

でも、今後は不動産相場がガクッと下がる要素ばかり…

①住宅購入の人口層の激減

新たに住宅を購入したり借りたりする需要は20歳〜49歳までの人口層が9割を占めると不動産業界では言われています。

※出典元:https://owners-style.net/article/detail/11720/

2025年になると人口層で1番大きな団塊ジュニア世代が50歳以上となるため、住宅需要が一気に低下してしまうのではないか?という懸念が大きいです。

②生産緑地の2022年問題

生産緑地は1992年に生産緑地法で定められた土地制度のことで、簡潔に言うと

「この土地は30年は農地として使ってください。その代わりに固定資産税など税金優遇をするよ。」

というものです。

この30年が2022年に切れると、住宅や商業施設としての土地活用ができるよう市町村への買取の申し出が可能となるので、市場に土地が大量に共有されるようになります。

その結果、地価の暴落が進むこと懸念されているんです…

この2つの問題から、今の不動産バブルがはじけて不動産相場が暴落する可能性は大!

だから、早めに自分の家の相場を早めに知ることが大切なんです。

おうちダイレクトなら、自宅で簡単に家の最高売却額が分かります!

思いがけない金額で売れたら、住み替えや旅行などのちょっとした贅沢もできるかもしれません。完全無料で使えるので、不動産相場が暴落する前に早めに査定依頼してみてくださいね。

 

 

運営者情報